2010年01月15日

<日弁連会長選>宇都宮、山本両氏の争いに 来月5日投開票(毎日新聞)

 日本弁護士連合会は13日、2月5日投開票の会長選について、ともに東京弁護士会所属で▽多重債務問題への取り組みで知られる宇都宮健児氏(63)▽前日弁連副会長の山本剛嗣(たけじ)氏(66)=届け出順=の2人の立候補が確定したと発表した。6日に公示し、12日まで立候補を受け付けていた。

 前回選挙まで5回連続で立候補した東京弁護士会所属の高山俊吉氏(69)は、09年10月に懲戒処分を受け、12日付で日弁連に処分取り消しの審査請求も棄却されたため、立候補できなかった。日弁連の規定で、懲戒処分を受けると会長選に3年間立候補できない。【銭場裕司】

【関連ニュース】
日弁連会長選:主流派VS著名弁護士 法曹人口問題が争点
弁護士:日弁連の戒告処分めぐり不当と提訴 会長選背景に
日弁連:会長選に宇都宮、山本の2氏 投開票2月5日
訃報:堂野達也さん105歳=元日本弁護士連合会会長
日弁連:会長選、2氏が立候補

年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず−加速器で品種改良・理研など(時事通信)
「300日規定」損賠訴訟 原告の請求棄却 岡山地裁(産経新聞)
警視庁年頭部隊出動訓練 早朝に敢行(レスポンス)
荻野さん自宅近く、包丁発見=殺害に使用の凶器か−千葉県警(時事通信)
小沢氏団体土地購入問題 カネの流れ、深まる謎 紙袋の4億、融資の4億(産経新聞)
posted by イモト ヒトリ at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。